ブランド志向

たくさんの方が欲しがる高級ブランド品と、街中のスーパーなどで売っている商品。この2つの品質の差というのは、値段分の差があるといえるでしょうか。これは品質ではなく「ブランド名」についた値段の差が大きいと言えます。ブランド会社はマーケティング戦略として自分たちから積極的に売り込んでいく戦略(これをプッシュ戦略といいます)ではなく、顧客に価値を認めてもらい顧客から取りにきてもらうような戦略(こちらはプル戦略といいます)をとっています。このマーケティング戦略が成功すると、顧客は同じ品質であっても自分がよく知る、良いと思う「ブランド名」によって意思決定を行うようになります。街中のスーパーなどではどうしても大衆イメージが強く、高級ブランドと同じようなマーケティングでは顧客の獲得ができないということです。したがって、次のように言えます。もし、ブランド名に拘らず、自分に合った品質のものを買い求めたい場合、名前に拘らないで買い物をすると良いでしょう。マーケティング戦略に乗せられない買い物というのも、なかなかに味があって楽しいのではないでしょうか。